ガン保険について

日本には42社の生命保険会社があり、1社あたりでも10商品以上あります。その中から自分に合ったガン保険を選ぶのは容易ではありません。簡単に言えばガンになっても貯金として600万円あれば保険は必要ないと言われています。ただ貯金を病気の為に使うのもまた、違うのかなとも思いますのでガン保険は加入していた方がいいと思います。

 

ガン保険にもたくさんの種類がありますが、悪性新生物と診断されれば一時金として50万円だったり100万円だったりとありますが、1度使えば最初の金額よりも半分の金額、また1度目の診断から2年経過していないともらえない等しっかりと営業マンから聞かないと分からないことがあります。

 

ガン保険に加入していても1度使えばもう使えないってパターンもあります。また加入する側からしたら保険料も気になるところです。保険はまず保険年齢、満年齢、タバコを吸うが吸わないか、優良体であるかどうか、プラン内容など会社によって違いはありますがさほど変わりはないかと思います。ただ、年齢を重ねるごとに保険料が上がる保険は最悪だと思います。

 

いくら安い保険でもいざという時に使えない保険であれば意味がありません。知ってる方は知ってるかと思いますが、国も援助はしてくれます。ガンだけではないですが病気になれば治療費はバカになりません。なので高額治療をすれば高額療養費制度というものがあります。なので、保険を選ぶ際に国が補ってくれる金額と治療にかかった金額の差額分を保険で補えるものに加入すれば貯金を崩すこともないかと思います。

 

保険に入ってれば大丈夫って思う方がほとんどだとは思いますが保険に加入していて損をしている方もほとんどだと思います。例えばガン死亡保険金。ガンで亡くなった時は100万円給付されますとかの内容だとすればほぼ無意味に保険料を払っているかもしれませんね。

 

ガンになった原因が仮に肺炎だとすればガンで亡くなったことにはなりません。肺炎が原因からのガンにかかったとなるので100万円は支払われませんから。どんな保険に入るかは人それぞれですが意味のないデメリットがある保険に加入したいなんて人はいないと思いますのでしっかりと営業マンから話を聞くことが大切だと思います。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

がん保険に加入した感想
がん保険に加入することは、いろいろな保険に加入することと同様にいろいろな方法で自分の健康について考えることだとおもいます。保険というとさまざまなものがあり、自分がしてみたいとおもう方法による健康や、生活の方法として考えることができるとおもいましたが、自分がしてみたいとおもう方法による保険の決め方として、さまざまな保険から、加入することで自分の生活を維持したり、それぞれの方法によってすることができる医療への参加ができるとおもいます。
がんの治療にはお金がかかります
がんは誰にでも罹患をする可能性がある疾患です。生活習慣や遺伝などリスクは個人差があるかもしれませんが、絶対にがんにならないという保障はどこにもありません。