学資保険も自分のスタイルに合わせて選べる

学資保険は、私の親も加入しており自身の学費にあててもらったという経験もあり、子供ができたら入ったほうがいいものだという認識がありました。ただいざ子供ができて加入する時に、会社や内容を自分でざっと比較してみると大きな違いというものがそんなにないような印象も受けました。保険会社の方に相談したら、特約や予算にあったものを探してくれました。なので保険=高いということもなく、自分の予算に合ったものを探せるというのに安心しました。

 

昨今の銀行事情を考えると、定期預金よりも学資保険がいいという認識はみんなにあると思います。そして、貯蓄が苦手で誰かに管理してもらった方が楽だという人も絶対学資保険がいいと思います。会社によって金額や期間は様々ありますが、小学校卒業や中学校卒業などの節目節目でお祝い金のようなシステムがありまとまったお金のいるタイミングに合わせて戻ってくるのもありがたいです。満期での戻り率が定期預金よりも断然高いのも魅力だと思います。

 

でも「保険」とついているのに貯蓄しか役割がないのかと最初は疑問がわきました。それもすぐに解消されました。働き盛りで自分自身が元気なうちは考えもしませんでしたが、両親の死亡時の保証です。貯蓄以上に大切なことかもしれません。また、こちらも保険商品によって違ってくると思いますが、子供が病気やけがをした時のケアや保証がついているものもあります。1つの商品に加入しておけば子供に関する大きな心配ごとはカバーできるというのは親としてはとても安心です。

 

子供のけがや病気は起きるタイミングが予測できないので、何かあってからよりも前もって準備できているほうが経済的にも精神的にも安心です。子供ができてみると、出産の準備段階からいろいろお金がかかり保険に入る余裕がないのではないかという気持ちになりましたが、親からの体験談や貯蓄意外のカバーを知ると外せない選択で加入してよかったなと思っています。何を重視するかで内容の比率や掛け金の調整ができることもわかったので一度検討をおすすめします。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

学資保険について考えた感想
学資保険によって教育により必要になる資金をえることができますが、学資保険を利用することは、それぞれの方法によってすることができる保険として、学資や教育にかかる費用で、生活や、学校などに通学するための費用をえることができる保険だとおもいます。
安心して子育て!学資保険
個人年金保険に加入する為のおすすめな方法とは!自宅にいながら保険のプロの意見を参考に自分に一番合った保険を選ぶ為の方法をお伝えします。ランキングサイトや比較サイトで個人年金保険を選ぶよりも確実は方法をお伝えします。
加入するなら、若いうちに!
学資保険は年齢が若いうちの方が、月々の掛け金が安くなります。0歳で加入するのが、生涯でもっとも掛け金が安くなります。なので、わたしは子供が産まれて、少し落ち着いて外出できるようになってから学資保険を検討し、加入しました。
勧められて入ることにしました。
2歳1歳0歳の3人年子がいます。一番上の子が産まれた時から教育費用の為に学資保険に入ろうと思っていましたが、どこがいいのかわからず、入る機会を逃してしまっていました。
学資保険について考えてみました。
私には、子供が2人居ます。今、中学二年生の娘と小学六年生の息子です。娘を出産前くらいから、学資保険を考えてはいましたが、出産後、娘が先天性の心臓病、先天性心室中隔欠損症と診断されて、学資保険には入れませんでした。