安心して子育て!学資保険

子供が生まれたら学資保険の加入はいつするのが良いでしょうか?出来れば早期加入が良いと思います。ではどんな学資保険に加入するのが良いでしょうか?貯蓄性の高い学資保険が良いと思います。子供の成長に伴ってかかる教育費を準備するのが学資保険ですが、貯蓄に重点をおいた保険と、親などの契約者が万が一(死亡または高度障害のとき)の場合に備える保障をプラスした保険とがあります。

 

契約者が死亡または高度障害の場合に備えるタイプとは、保険料の払い込み期間中に契約者が死亡または高度障害になったときには、その後の保険料の払い込みが免除となりますが、引き続き学資金を受け取ることが出来る保険です。保険料は高くなりますが、万が一のことがあったときでも、安心して教育を受けることが出来るお金の準備をすることで、残された配偶者や子供の負担を少しでも軽減することが可能になります。

 

子供の進学の時期に合わせて、教育費を準備することに重点をおきたいときは、貯蓄タイプの学資保険です。貯蓄と考えると、払い込む保険料と受け取れる学資金とを比較した戻り率が高い保険が良いと考えられます。これについては、理想的な早期加入や、保険料を払い込む期間を子供が10歳までにするとか、または一括でするとか、短くすることでも戻り率が高くなります。

 

子供の数によっても考え方に違いが出る可能性があります。子供たちの成長と自分自身のライフステージの変化を合わせて、その時々の負担が大きくならない様にすることが大切です。また、受け取る時期の選び方でも変わってきます。中学、高校、大学の進学年齢時に受け取るタイプや、大学進学年齢時(18歳)に一括して受け取るタイプ、大学入学時(18歳)から22歳まで5回にわたって受け取るタイプなどがありますので、必要な時期と戻り率などを考慮しながら選択することが大切です。

 

そして、学資保険が積立型の保険であることから、保険会社が破綻したときには大きなダメージを受けてしまいますので、健全な保険会社を選ぶことが大切になります。私達の場合は、子供が生まれたときに学資保険に加入して、その後1歳のとき、2歳のときに保険金額を増やしています。最初は自分達が出来る範囲で、そしてライフステージに合わせて必要可能額に近づけていきました。結果、安心して子供を育てることが出来て、保険料を払い、保険金を受け取りました。今でも、学資保険に入っていて良かった!と感謝しています。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

学資保険も自分のスタイルに合わせて選べる
学資保険は、私の親も加入しており自身の学費にあててもらったという経験もあり、子供ができたら入ったほうがいいものだという認識がありました。 ただいざ子供ができて加入する時に、会社や内容を自分でざっと比較してみると大きな違いというものがそんなにないような印象も受けました。
学資保険について考えた感想
学資保険によって教育により必要になる資金をえることができますが、学資保険を利用することは、それぞれの方法によってすることができる保険として、学資や教育にかかる費用で、生活や、学校などに通学するための費用をえることができる保険だとおもいます。
加入するなら、若いうちに!
学資保険は年齢が若いうちの方が、月々の掛け金が安くなります。0歳で加入するのが、生涯でもっとも掛け金が安くなります。なので、わたしは子供が産まれて、少し落ち着いて外出できるようになってから学資保険を検討し、加入しました。
勧められて入ることにしました。
2歳1歳0歳の3人年子がいます。一番上の子が産まれた時から教育費用の為に学資保険に入ろうと思っていましたが、どこがいいのかわからず、入る機会を逃してしまっていました。
学資保険について考えてみました。
私には、子供が2人居ます。今、中学二年生の娘と小学六年生の息子です。娘を出産前くらいから、学資保険を考えてはいましたが、出産後、娘が先天性の心臓病、先天性心室中隔欠損症と診断されて、学資保険には入れませんでした。