ずは必要な保険?(終身保険)

生命保険は保険料で大きく二つに分けることができます。「保険料貯蓄系」の終身保険や養老保険と「保険料掛け捨て系」の定期保険です。終身保険は、死亡するまでの一生を保障する保険で、死亡時、解約時に保険金(もしくは解約返戻金)を受け取ることができる死亡保険。定期保険は、保険期間が一定期間で解約返戻金や満期金のない「掛け捨て」タイプの死亡保険。両方とも、“死んでしまった時の葬儀・お墓代”として加入する人が多いですがもう少し詳しく見てみましょう。

 

「保障期間」でみると

  • 終身保険・・・保険料払込満了後も保障、一生涯保障が続く  
  • 定期保険・・・保障期間が一定期間

 

「支払満了(満期)後の受取保険金等」でみると

  • 終身保険・・・支払満了後に解約すると、支払総額に近い額のお金を手にできる。  
  • 定期保険・・・保険料は掛け捨てで解約しても受け取れるお金は基本なしです。

 

「保険料」でみると

  • 終身保険・・・後にお金を手にできるので高め。お金を積み立てているので。  
  • 定期保険・・・保険料は掛け捨てなので安め。

 

終身保険は、死ぬまでの保障をいかしながら、老後の積立として活用できるものです。若くて貯蓄がない時は万が一の死亡保障(死亡保険金)に頼り、大きな保証が必要がなくなった老後には、保険を解約し、解約返戻金等を老後資金にまわします。

 

ちなみに養老保険は、一定期間の死亡を保障する保険で、満期が来れば死亡した場合の死亡保険金と同額のお金を生存時に受け取れます。終身保険と定期保険の中間タイプといえるでしょうか。保険料は貯蓄系なので高めです。

 

また、死亡保険に加入することにより相続税の節税対策になります。現金で相続すると相続税がかかりますが、死亡保険金を相続すれば非課税なので税金はかかりません。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

終身保険を検討してみました。
利用してみたいとおもう保険に終身保険があるとおもいますが、それぞれの保険の種類によって受け取ることができる金額が決まっているとおもいますが、自分が加入してみたいとおもう金額によってはことなる種類の保険があるとおもいます。