個人年金保険を使って老後の資金に備えよう!

これからの日本においては超高齢化社会と言われており、60歳以上でも普通に働き、年金以外でも収入が必要な時代になってきています。この先の老後の生活を考えてみると、自分の受け取る年金だけで、果たして生活していけるのかという疑問を持たれる方もよく耳にします。働き盛りの今から老後のために貯金をすることも大事かと思いますが、その貯金方法を保険を使って備えてみるのはいかがでしょうか。

 

保険には万が一に備えるものや入院や手術に備えるものありますが、貯蓄性の高い保険も多数あります。老後の資金を備える目的とした場合は、個人年金保険という保険で備えてみてはいかがでしょうか。個人年金保険は、今から60歳や65歳まで毎月保険料を払い込み、満期がきたら今まで積み上げてきた保険料を5年や10年、モノによっては一生涯受け取ることができる保険です。

 

月の保険料の支払った総額から、実際に受け取るときは総額よりプラスになり還元されます。保険会社の方で支払った保険料をうまく運用し、金額を増やしてくれる仕組みになっております。個人年金は各保険会社とも、健康状態の告知を最低限しか聞かなかったり、不要なところもありますので、健康状態で保険に加入できない方でも加入できるメリットもあります。

 

また、確定申告や年末調整の時に生命保険の控除を受けられるものになりますが、生命保険料控除には、一般の生命保険料控除と医療・介護の生命保険料控除、それとは別に個人年金の保険料控除があります。いま、普通に生命保険や医療保険に入られている方でも、個人年金保険に加入することによって、より所得控除を増やすことができ、毎年の所得税や住民税を節税する効果があります。毎年の控除も受けられ、満期を迎えると支払った金額以上の額を受け取ることができる個人年金保険。老後の備えとして、今から初めておく備えとして覚えていただければ幸いです。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

自分の老後の為に。
自分が老後を迎えたとき、本当に年金が貰えるのか、貰えたとしてもいくら貰えるのか…不安に感じる方も多いと思います。そうでない人でも貯金を意識している方は多いと思います。毎月、一生懸命働き貯金をしても、ただ銀行に預けていくだけでは、金利も悪い時代です。