亡くなった方(被相続人)の死亡によって入金される生命保険金や損害保険金は、相続税の課税対象となります。相続税は、亡くなった日(相続があった日)から10ヶ月以内に、所定の税務署へ申告と納税を行わなければなりません。また、納税は全額現金で原則となっています。土地や株式など財産をたくさんお持ちの被相続人が亡くなった場合には、現金での納税に苦労する相続人もたくさんいますが、保険金がある場合には、とても助か...

保険と言えば生命保険が代表的で亡くなった人の財産と共に受け取る物で、その受け取った財産に応じて必ず相続税が課税される物と思われています。我が国は儲かったというもの、例えば給料、副業による副収入、家の売却益、おじちゃんに貰ったなどから基本的に税金を取る仕組みとなっています。なのでこの相続に関しても恐ろしい物で今まで住んでいた家であっても、持っていた人が亡くなるとその家の名義が自分になった途端相続税を...