保険は相続人への大切なプレゼント

亡くなった方(被相続人)の死亡によって入金される生命保険金や損害保険金は、相続税の課税対象となります。相続税は、亡くなった日(相続があった日)から10ヶ月以内に、所定の税務署へ申告と納税を行わなければなりません。また、納税は全額現金で原則となっています。

 

土地や株式など財産をたくさんお持ちの被相続人が亡くなった場合には、現金での納税に苦労する相続人もたくさんいますが、保険金がある場合には、とても助かるケースもあるようです。保険金は相続税の課税対象になるのですが、保険金には非課税限度額が設けられているので、その限度内なら非課税となります。

 

非課税限度額は、500万円×法定相続人の数が計算式となりますので、活用しておけばかなり節税や納税資金の確保に繋がります。例えば、相続人が妻と子ども二人だとすると、非課税枠は1,500万円(500万円×3)になり、妻だけが保険金を受け取った場合でも、1,500万円分を保険金から差し引くことができます。

 

保険金は契約者と被保険者、受取人によって死亡保険金にかかる相続税の課税関係が変わってくるので、契約には保険会社や税理士にしっかり相談することをオススメします。一番一般的で節税に向いている死亡保険の契約は、被保険者と保険料の支払人が被相続人、受取人が相続人という契約だと思います。

 

非課税限度額の計算で法定相続人の数が出てきますが、実際に保険金を受け取る相続人は一人でも、非課税限度額に影響はありませんまた、満期返戻金として受け取る場合には、一時に受け取っても、年金として受け取っても所得税として課税されることになるため相続対策としてはあまり使えない保険かもしれません。保険も種類がたくさん増えて、契約も複雑になってきていますが、相続人が現金として受け取れる財産なので、しっかり計画を立てて相続に備えていくことが大切です。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

環境にあった保険契約が節税の第一歩
保険と言えば生命保険が代表的で亡くなった人の財産と共に受け取る物で、その受け取った財産に応じて必ず相続税が課税される物と思われています。我が国は儲かったというもの、例えば給料、副業による副収入、家の売却益、おじちゃんに貰ったなどから基本的に税金を取る仕組みとなっています。