環境にあった保険契約が節税の第一歩

保険と言えば生命保険が代表的で亡くなった人の財産と共に受け取る物で、その受け取った財産に応じて必ず相続税が課税される物と思われています。我が国は儲かったというもの、例えば給料、副業による副収入、家の売却益、おじちゃんに貰ったなどから基本的に税金を取る仕組みとなっています。なのでこの相続に関しても恐ろしい物で今まで住んでいた家であっても、持っていた人が亡くなるとその家の名義が自分になった途端相続税を掛けようとしてきます。

 

そのように受け取ったもの何でもかんでもに相続税を掛けてこようとする中、受け取る予定の保険金については良く勉強しておく必要があります。実は法律上の解釈も難しく民法と相続税法上とではニュアンスが違っています。民法では保険金はそもそも遺産ではない、受取人固有の財産であると定義しています。しかし相続税法上ではそれは相続財産とみなされ課税対象となっているのです。

 

とはいっても全て根こそぎ課税対象にしているわけではないのでちょっと安心して下さい。その非課税枠がある事が非常に重要な事なのです。まず相続する財産がどれ位あるかによりますが、あるレベルお金を持っているとすれば、それは亡くなった時には全てが相続税の課税対象となります。しかし亡くなった時には同じ金額でかつ非課税枠の内数の保険金受取にしておけば事実上同じ金額を受け取っても保険金であれば相続税を取られることは無いという事です。

 

とはいっても実はそんな簡単なことでは無くそれに対する契約者、被保険者、受取人がどうなっているかによっても課税になったり、非課税になったりします。その上契約形態によっては所得税になったり贈与税になってしまうケースもあります。法定相続人の人数によっても結果が違ってきます。但し何もしないのは損をする可能性があり、払わなくて済む税金を払わざる得ないケースもあるので一度は知識のある専門家に必ず相談する必要があると思います。

 

 

>>もっと保険の事を知りたい方はコチラ<<

 

>>管理人一押しの保険の完全無料相談はこちら<<

関連ページ

保険は相続人への大切なプレゼント
亡くなった方(被相続人)の死亡によって入金される生命保険金や損害保険金は、相続税の課税対象となります。相続税は、亡くなった日(相続があった日)から10ヶ月以内に、所定の税務署へ申告と納税を行わなければなりません。また、納税は全額現金で原則となっています。